髪の健康のためにはストレス・タバコ・アルコールに注意しましょう

ストレス・タバコ・アルコールはいずれも髪に悪影響を及ぼします。いずれについても薄毛を進行させることになりますので、育毛対策に取り組んでいるという人はストレスの解消・禁煙・禁酒などにチャレンジしてみてください。

 

さらに育毛剤なども使用すればより高い育毛効果が期待できるはずです。今回はストレス・タバコ・アルコールが髪に良くない理由について詳しく確認してみたいと思います。

ストレスは髪の成長を阻害します

ストレスは血管収縮の原因となります

ストレスは誰もが感じるものですが、ストレスを過剰に溜めてしまうと血管収縮の原因になってしまうのです。血管が収縮すると血管が細くなってしまうため、血流が悪化して末端の毛細血管まで血液が行き届かなくなるのです。無数の毛細血管が頭皮には存在するのですが、それらの血流が阻害されると髪に必要な栄養が不足して薄毛の症状を発症することになります。ストレスは髪の健康に悪影響を与えますので定期的にストレスを解消することを心がけてください。

 

タバコには血行を阻害する成分が含まれます

タバコに含まれるニコチンが髪に悪影響を与えるのです

ニコチンはタバコに含まれる中毒成分です。ニコチンは健康全般に悪影響を及ぼすのですが、髪の健康に対しても同様に悪影響を及ぼします。ニコチンには血管を収縮させる働きがありますので、ストレスと同様に血流を悪化させて薄毛を発生させる原因となってしまうのです。ニコチンはストレス以上に薄毛を進行させてしまいますし、男性型脱毛症のような別の原因による薄毛の場合でも症状の進行を加速させてしまう場合が多いのです。タバコは「百害あって一理なし」ですから薄毛対策に取り組んでいる人には今すぐ禁煙を始めることをおすすめします。

 

アルコールの過剰な摂取には注意が必要です

少量のアルコールは薄毛の改善に効果的な場合もあります

お酒については少量であれば薄毛の改善のために効果的な場合もあるのです。アルコールを摂取すると血管が拡張されますので血行が促進されます。またリラックス効果もありますのでストレスの発散のためにも役立つでしょう。ただしアルコールには中毒性がありますのでくれぐれも適量を守るということを心がけてください。アルコールを過剰に摂取してしまうと逆効果になってしまいます。

 

アルコールの過剰な摂取は髪に悪影響を及ぼします

アルコールは肝臓において分解されるのですが、この時に肝臓はビタミンB群やアミノ酸などをアルコールの分解のために消費してしまうことになります。ビタミンB群もアミノ酸も髪の健康な成長のためには欠かせない栄養素なのですが、アルコールを過剰に摂取してしまうとこれらの成分が体内で不足がちとなり髪に悪影響を及ぼすのです。またアルコールの過剰な摂取は肝臓に負担をかけることになります。肝臓には身体に必要な栄養素を全身に送り出す機能がありますので、肝臓の働きが低下すると髪が栄養不足となり薄毛の原因となってしまうのです。

おすすめ育毛剤マイナチュレ

マイナチュレ

価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\3,790+税(120ml) 女性用育毛剤 女性 5つ星

マイナチュレ