季節に応じた頭皮ケアを行って髪を健康に育てましょう

薄毛対策に取り組んでいるという人は季節による髪の生える環境の違いについても確認してみてください。特に夏の時期と冬の時期には大きな違いがあるのです。今回は季節による髪の違いについて詳しく解説しますので育毛のための参考にしてみてください。

 

秋は抜け毛が増える季節です

今回は夏と冬を中心に解説したいと思うのですが、その前に秋について解説してみたいと思います。秋になると1年で最も抜け毛が増えることになります。健康な人の場合には通常1日に50本から100本程度の抜け毛が発生するのですが、秋になるとそれが1日100本から300本程度にまで増えるのです。抜け毛が秋の時期に増加するのは髪の生え変わりの時期であることが原因となっています。

 

動物は秋になると体毛が生え変わるのですが、人間も動物の一種ですので秋になると自然に抜け毛が増えるのです。抜け毛が増えるのは一時的なものですからしばらくすれば治まります。ただし大量の抜け毛が長期間継続して発生するという場合には脱毛症の可能性もありますので注意しましょう。

 

夏の時期と冬の時期とでは髪の成長スピードに違いがあります

 

  • 夏のは冬よりも髪が1.7倍早く成長するのです

季節による髪の成長の違いについては様々な研究結果が発表されています。それらによると季節により髪の成長スピードには違いがあり、夏は冬よりも髪が1.7倍早く成長するとされているのです。育毛に取り組んでいる人はこのことをしっかりと覚えておきましょう。特に育毛剤を使用する場合には重要なポイントになります。夏は髪が早く成長するため、育毛剤の効果も比較的早めに実感できることになります。一方で冬は髪の成長に時間がかかるため、育毛剤の効果を確認するためにはある程度の期間が必要になるのです。

 

季節による乾燥や湿気などの違いも髪に影響を及ぼします

 

  • 夏の頭皮はベトベト、冬の頭皮はカサカサになります

頭皮の状態は季節ごとに大きく変わるのですが、これには乾燥や湿気などが大きく影響することになります。夏になると頭皮は汗をかくためベトベトになりがちです。汗をかいてそのまま放置すると頭皮にダメージを与えることになりますので注意が必要になります。また夏は紫外線が強い季節ですから頭皮を保護する必要があります。強い日差しが頭皮に直接降り注ぐと頭皮の皮脂が酸化してしまうのです。

 

夏の紫外線から頭皮を守るためには帽子や日傘などが役立ちます。UVカット効果のあるヘアスプレーなども発売されていますので試してみてください。夏は特に頭皮を痛めやすい季節ですから頭皮のケアを入念に行うようにしましょう。一方で冬は頭皮の乾燥に注意が必要になります。頭皮がカサカサに乾燥するためフケの発生が増えてしまうのです。頭皮の乾燥は健康な髪の成長を阻害する原因となりますので、保湿成分が配合された育毛剤を使うことをおすすめします。頭皮ケアの方法は季節ごとに異なりますので、季節に応じた適切なケアを行って頭皮環境を整えることも重要な育毛対策になるのです。

おすすめ育毛剤マイナチュレ

マイナチュレ

価格・容量 カテゴリー 男女使用 おすすめ度
\3,790+税(120ml) 女性用育毛剤 女性 5つ星

マイナチュレ